mokeisonota.cocolog-nifty.com > 「ダッシュ!ミニ四駆」レプリカ

DASH1号:エンペラー(皇帝)

DASH1号:エンペラー(皇帝)

ミニ四駆史上(おそらくタミヤ史上)最も爆発的に売れた名機
ミニ四駆公明期に発売され”シャーシ1”での発売だったが
その人気からアップグレード版“シャーシ3”でリニューアルされた
実はミニ四駆の欠点はその爆発的な加速力にあり、
シャーシ1時点で速度は過剰だったのため
コーナリングのために軽量化されたシャーシ3は
当時最速説も飛び出し現在でも愛好者は多い
現在でも”PROシャーシ”で現役である


DASH2号:バーニングサン(太陽)

DASH2号:バーニングサン(太陽)

ミリタリーが得意なタミヤらしく装甲車的なボディが特徴の
DASHシリーズ2号機
これもシャーシ3にリニューアルされたが、
それに伴いウィングの増設や簡単に軽量化が出来る工夫など
全くの別物となった
空力などはあまり良くないがデザインはファンが多く
のちにフロントモーターシャーシの”ネオ・バーニングサン”が出ることになる


DASH3号:シューティングスター(流星)

DASH3号:シューティングスター(流星)

DASHシリーズ初の“シャーシ2”採用だが
唯一ピンスパイクタイヤを装着しているというミニ四駆の中でも珍しい機種
形は名機“サンダーショット”を受け継ぎ空力が良く
大型インテークのおかげで直線での加速力はなかなかの物で
のちにクリアボディも発売
現在は入手困難となっておりマニア間でも現在の評価は高い


DASH4号:キャノンボール(弾丸)

DASH4号:キャノンボール(弾丸)

アメリカンバギーを彷彿とさせるボディが特徴だが
あまり人気が出なかった機種
しかし人気とは裏腹に“シャーシ2”の直線力と
車高の低さから直線での速度はかなり早く
ストレートタイムアタックでは高レコードをたたき出す常連だった
非公式大会では愛好者が多かった


DASH5号:ダンシングドール(D.D)

DASH5号:ダンシングドール(D.D)

今まで直線に強いのが多かったため
エンペラーに原点回帰して車高を高くして
“シャーシ2”を使うことによって基本能力を高めた機種
そのためかスタビライザーの多さが際立つ
しかし、その車高の高さが原因でバランスが悪く、
又ウィングを装着していないため、評判は悪かった
しかしカスタマイズの幅は広く、後部のファンは切り取る事により
本物の冷却機構として働く上、頑丈なフレーム構造をしていたので
軽量化の愛好家間では重宝された


DASH0号:ホライズン(地平)

DASH0号:ホライズン(地平)

漫画では伝説のミニ四駆という設定を大切にするため
初のホビーショー限定商品と言う変わった経歴を持つ
(値段も若干高かった)
その構造も特殊で唯一”0シャーシ”を搭載
このシャーシの特徴としてサイドスタビライザーが着脱出来るのだが
走行中に破損事故が続発する問題が発生した
この際「サイドスタビライザー不用説」が一部で出始めた
この0シャーシはとことんコーナリングを追求し
ボディの重さもミニ四駆中最重量で車高が低いため
鈍足機種として悪名が高かった
しかし、この機構は後の第2ブーム”エアロミニ四駆”に受け継がれた
今考えるとタミヤとしては計算ずくのプロトタイプだったのかもしれない