mokeisonota.cocolog-nifty.com > ストラーフBis:【ウォルフ】

接近戦装備

接近戦装備

バトルスタッフのヴァリエーションの一つ”サキュパス・ランス”
その刃の大きさと運用の幅広さから、信頼度は高い


ウォルフ:通常装備

ウォルフ:通常装備

TYPEーZEROを量産しようとして開発したがハードウェアが耐えられず失敗
CSCを破損し、盲目だがセンサーで補っており、センサーの範囲は小さいものの、
その範囲内である接近戦は驚異的なものがあり、
もともと視覚に頼らないので、夜間戦での能力は凄まじい
また、インファイトに特化しているためか、グラップルなBis装備でありながら
損傷率は低く手間をかけないことで有名で整備兵の知り合いが多い
左のクローに狼のエンブレムがある事から「賢狼ウォルフ」と呼ばれている


大型兵器破壊装備

大型兵器破壊装備

大型兵器用に開発された2つの武器を扱い
これにより要塞クラスの隔壁でも破壊可能になっている


テトラクロー

テトラクロー

ウォルフの最も得意とする装備。
元々その破壊力は驚異的なものだったが、
Bisになりロケットハンマーの運用も可能になり、
多種多様な戦闘が可能になった


接近戦装備②

接近戦装備②

ヴァローナのバトルスタッフの汎用性を物語る形体
通称“サキュパス・サイス”
ストラーフでの運用を目的として開発されたので、相性がいい


接近戦装備③

接近戦装備③

試作品のバトルアックス
しかし、ヴァローナのバトルスタッフに役割が奪われ、
接近戦を得意とするウォルフでも今では使用することは少ない


対大型兵器接近装備

対大型兵器接近装備

ウォルフ自ら考案した通称“リアライズドリル”
しかし開発中に開発者負傷により封印されていたが、
本人の希望により実験的に戦線に投入されている。


ヘキサブレイド

ヘキサブレイド

Bisは積載量も格段にUPし、このような重装備も可能になった


エンブレム

エンブレム

タスクフォースのエンブレムを新しく張られたが、
むしろ左クローにある狼のエンブレムの方が知られている


私服:ブランド・ヨブコドリ

私服:ブランド・ヨブコドリ

義手・義足のため、露出の多い服は好まずコート条のヨブコドリを着込んでいる。
しかし、本人は目が見えないので気が付かないが、
周りからはあまり知られていない
ヴァーンのスタッフで足元を確認しながらでなければ歩けないのが痛々しいが
その趣味はギターと言う意外な一面を持っている。
ヴァーンとは常に共に行動する。


私服②エレキギター・ストラト:エディ

私服②エレキギター・ストラト:エディ

いつもの寡黙な雰囲気とは裏腹にロック系を好みとしている
しかし、ギターケースの底は武器を収納出来
”アルヴォPDW9”を携行している事が多い


リアライズ・ドリル

リアライズ・ドリル

コトブキヤMWUランスの先端を前代未聞の本物のドリルを付けたという
持ち運びは法律違反ギリギリの品(汗;
ちなみに重量はアーンヴァルのレーザーライフルよりも重いです^^;
ストラーフでは持つのに規制があったのですが、
Bisに再版されてからは自在にポーズがつけれるようになりました。


サキュパス・ランス

サキュパス・ランス

ヴァローナのバトルスタッフの尾部ハードポイントに
ウィングを取り付けた形体。
元々ストラーフの運用目的で設計されたのか、かなり大型です


サキュパス・サイス

サキュパス・サイス

バトルスタッフの先端にウィングを装備
ヴァローナのバトルスタッフは遊びが多く、
他にもヴァリエーションが組み変えれるのが魅力です


バトルスタッフ

バトルスタッフ

ヴァローナ唯一の装備ですが、ハードポイントが豊富にあり
単体でも、ジオラマスタジオでは出来ない派生で遊べるのが魅力です


デモニッシュ・タスクフォース

デモニッシュ・タスクフォース

悪魔型で編成された”傭兵師団ヴァルハラ”地上部隊だが、
経歴の特殊性から特殊部隊となっている
【ロキ】はヴァルハラ初期メンバーによくいるフロントラインからの離脱組だが
離脱の理由はある作戦で姉とも言える【ウォルフ】を失ったことで、
フロントラインの技術で【ウォルフ】が復帰した現在は企業への嫌悪感も薄い

その【ウォルフ】だが元憲兵隊でフロントラインに対する忠義は高いが、
戦力外でリストラされ、介護保障として【ヴァーン】を付けられる
そのため【ヴァーン】は”ヴァルハラ”に派遣されてる形となっている

この特殊性からフロントラインと敵対する作戦には参加しない

ウォルフの装備は純正に近いが背部ユニットは若干カスタムされている
最終的な戦闘に参加するため”デストロイ”から
コールサインは『DD』これは”デンジャラスデーモン”とも恐れられている