mokeisonota.cocolog-nifty.com > ストラーフBis&セラフ(S型):【ロキ】

【ロキ】をBisにアップデート。 前回遠距離装備が多かったので、遠距離のスペシャリストとして設定しました なお、さまざまな装備のミキシングにより 可変機:ストラーフ・セラフになりました

ストラーフ・セラフ対艦装備

ストラーフ・セラフ対艦装備

ロキのみが運用してるであろう、ストラーフ高機動カスタム
「ストラーフ・セラフ」通称S型
こlれはある作戦で敵空中空母が異常接近したときの
史上初の神姫での単独対艦装備である

その運用は降下用装備のリミッターを解除し迎撃機として突撃
敵空母から発進した神姫をミサイルで撃破し
空いたカタパルトにグレネードを打ち込むと言う無茶苦茶なものだったが
作戦は成功したしかし、
陸戦隊であるデモニッシュ・タスクフォースの単独行動であったため、
ヴァルハラ代表権・空戦隊司令の【ファル】はこの運用を封印している


特殊戦装備

特殊戦装備

マルチミサイルポッドにECM弾頭を装備し
電子施設の破壊および無効化を目的とした
センサー・電子装備を使わない特種戦装備
ヴァローナにはジャミング性能があるため、
同伴したことを前提とした装備である


ストラーフ・セラフ:ウィング展開

ストラーフ・セラフ:ウィング展開

機動力の低いストラーフを即時戦場に送りだすため、
降下用装備として開発したが、
地上でもジェットパックとして予想以上の機動性を見せた
ある程度の飛行能力も持ち爆撃機としての運用も可能である


ストラーフBis:ダブルバズーカ

ストラーフBis:ダブルバズーカ

ストラーフBisは接近戦での運用を目的に改良されたが、
遠距離センサーも同時開発されており、
このような装備でも威力を発揮する


デモニッシュ・ブレイド

デモニッシュ・ブレイド

”セラフ”ではクローが排除され、ブレイドウィングが装備されたが、
クローには劣るものの接近戦ではなかなかの威力を誇る


ストラーフBis・グレネード

ストラーフBis・グレネード

Bisは接近戦での安定性を目的に開発されたが、
【ロキ】はそれを遠距離での射撃に応用
汎用性が増したアームパーツでグレネードを保持することによって、
射撃の制度を増すことに成功した


ストラーフ・セラフ軽量型

ストラーフ・セラフ軽量型

機動力はウェルクストラと同等だが、攻撃力・防御力は圧倒的
生産コスト面で戦場で目にかけることは少ない


エンブレム

エンブレム

デモニッシュ・タスクフォースのエンブレム
デモニッシュクローをイメージしているが、その装備は独特で
認識と言うよりも前線兵の士気向上の意味が高い。
ストラーフ型は左膝に付けている


セラフユニット

セラフユニット

Bisのアームユニットをヴァローナのウィングと交換
更にアーンヴァル:bkのブースターを付けた所
思った以上に大きくなり、可変飛行ユニットになってしまいました^^;
セラフは共同開発したアーンヴァルの開発スタッフが、
「STRARFをセラフと読み間違えたのがそのまま俗称になった」と言う設定です


デモニッシュ・タスクフォース

デモニッシュ・タスクフォース

悪魔型で編成された”傭兵師団ヴァルハラ”地上部隊だが、
経歴の特殊性から特殊部隊となっている
【ロキ】はヴァルハラ初期メンバーによくいるフロントラインからの離脱組だが
離脱の理由はある作戦で姉とも言える【ウォルフ】を失ったことで、
フロントラインの技術で【ウォルフ】が復帰した現在は企業への嫌悪感も薄い

その【ウォルフ】だが元憲兵隊でフロントラインに対する忠義は高いが、
戦力外でリストラされ、介護保障として【ヴァーン】を付けられる
そのため【ヴァーン】は”ヴァルハラ”に派遣されてる形となっている

この特殊性からフロントラインと敵対する作戦には参加しない
ロキはヴァルハラに居た期間が長いため
通常のストラーフとは全く違うものとなっており
特に『セラフユニット』は企業からのオーダーが多い
射撃での突撃を好むため”アサルト”から
コールサインは『AD』


ミッドマシンガン

ミッドマシンガン

マシンガンですが、神姫としてはかなり大口径になります


量産型バズーカ

量産型バズーカ

アーンヴァルで作ったのとは違い改造はしてません


グレネードランチャー

グレネードランチャー

コトブキヤウェポンユニットを使用。ダガーが2本になったのでヴァッフェバニーをダブルナイフにするおまけが付いてきました