mokeisonota.cocolog-nifty.com > 飛鳥ドイツ型【ハルトマン】

誰もが考え意外にもにもだれもやって無いので飛鳥をドイツ型にしました。つか、飛鳥のデザインて元々メッサーシュミットBf-109が原型だと思う^^;

トライデント・レイヴン

トライデント・レイヴン

飛鳥ドイツ型:ハルトマン
飛鳥野戦型:カラス
飛鳥通常型:カグヤ
で編成されるビーハイヴ愚連隊の主力
(他にも現役航空機パイロットの神姫がある噂がある)
愚連隊では飛鳥の需要は高いのだが現在生産が出来ず
ストラーフMk2・ラヴィーナでの代用案が検討されている


飛鳥ドイツ型:ハルトマン

飛鳥ドイツ型:ハルトマン

フロントライン・ジャパンで作られた飛鳥は高セールスを記録し
ヨーロッパでも販売しようとしたが
飛鳥の設計思想が剣による接近格闘戦重視なのに対し
『至近距離から確実な攻撃を加える一撃離脱』
を身上とするヨーロッパには不評だった
これはヨーロッパセールスのための試作機だったが
コストが掛かり過ぎて量産が見送られた物をヴァルハラが引き取った
ハミングバードスコードロンに配属予定だったので
ドイツ語でウグイスの【シュラク】と名付けられている

しかしアポカリプスとともに真の名前を開かした


急降下

急降下

飛鳥の現地でも気に入られたのはその対地能力である
ヨーロッパではムルメルティアが人気があるため
対空能力に乏しい戦場となっているため爆弾による爆撃は効果が高く
このドイツ型では搭載量をUPして
投下爆弾とガンポッド同時併用を実現
急降下爆撃だけではなく水平射撃での対地攻撃も驚異的なものになっている


シュツルム・ヴァルカン

シュツルム・ヴァルカン

飛鳥ドイツ型は一撃離脱を信条とするため
機関砲が3基と量産される航空機型神姫では最大の火力になるはずだった
機動性が高いためきりもみ状態からの同時射撃は
ムルメルティアとの戦闘を考慮に入れられた攻撃力を誇り
『シュツルムヴァルカン』(嵐の火薬庫)と言う通称が付けられている


パルチザン

パルチザン

射撃重視に作られたが元来の飛鳥の癖が抜けず
切ることよりも突き刺して零距離射撃へ持っていくために
槍を装備このため直線的な動き自体が攻撃力を持つことになった
ハルバートも試作されたが重量の問題でお蔵入りとなっている


機体後方

機体後方

ドイツでのセールスを意識して
世界最強のエース「エーリッヒ・ハルトマン」の機体を意識している

しかしこのワンオフに関しては
特殊な才能がないと使えない
本物のエース専用姫に仕立て上げられていたのが真実である


主翼

主翼

ドイツでのセールスを意識して第2次大戦のドイツ軍機を意識したが
その塗装は難解を極め、生産コストの上昇と言う結果に至った
又主翼の接続が強化され強度が増しているため
急降下等の機体に負荷が掛かる機動もこなすようになっているが
可変翼排除され速度の柔軟性が悪くなったためエンジンを強化
又コストが上がり最大戦闘時間も短くなってしまった
ドイツ軍の『ヴァルカンクロイツ』を付けているのは試作品の名残


ライトアーマ:ナイト装備

ライトアーマ:ナイト装備

フロントライン・ユーロのローカライズスタッフは量産性の問題を
ライトアーマとして販売し装備をウェポンセットとする事で解決しようとした
その装備の一つ
飛鳥の接近戦対応能力をフルに生かし接近戦重視のライトアーマとしようとしたが
それでもコストの割に合わないと中止されている


ライトアーマー:イエーガー装備

ライトアーマー:イエーガー装備

ライトアーマープランの中距離装備
短銃では火力が足りないからと機関砲を装備
バックパックを付けて降下猟兵として運用するプランもあった